• ホーム
  • AGAと遺伝・ホルモンの関連性

AGAと遺伝・ホルモンの関連性

髪に関して心配する男性

いざ発症すると外見も大きく変わることから自信喪失してしまいかねない薄毛。
これらの原因となりうる可能性の一つとして最近注目を集めているのがAGAです。

このAGAとは精巣にて作り出された男性ホルモンが身体の隅々を循環する中において頭皮にある特殊な酵素と反応しあって結びつき、ここでDHTという物質を発生させます。
これを頭髪の根元にある毛乳頭という組織が感知することによって、頭髪はすぐにその髪自体が成長を終わらせ、後は退行期、そして休止期に移行していくものと指令を出します。
たとえ健康的な成長期にある頭髪であろうとこの指令に従って抜け落ちていく準備を始めるため、この作用によって一気に抜け毛が起こり、男性ホルモンの影響が生じやすい額の両サイドや頭頂部を中心として薄毛が進んでいくことになるのです。

このようにホルモンバランスとの関わりが大きいAGAですが、そもそもの特徴として遺伝によって発症しやすいという特徴も持っています。
遺伝子的に紐解くと、男性はXYという染色体を持っています。
これに対して女性はXXという染色体。
これらを受け継いで子供が生まれた場合、同じく男の子ならばXYとなり、女の子ならばXXという組み合わせになります。
このとき重要となるのはXとYを誰から受け継ぐかであり、仮に男の子が生まれる場合、Yは父親しか持たないためにここから受け継がれ、そうなるとXは自ずと母から受け継ぐことになります。

この母から受け継いだXにAGAの原因となる情報が含まれ、これによって毛乳頭にある感知機能が敏感となり、DHTに過剰な反応をすることになるのです。
女性の場合には男性ホルモンの影響を受けることが少ないものの、これが男性になると一気にAGAを引き起こし、抜け毛が進んで薄毛へといたるのです。
そのため母方の兄弟や祖父に薄毛が多いとその孫は発症のリスクが高まることでしょう。

最近の投稿