AGAのセルフチェック

髪が薄い男性

AGAには、いくつかの特徴があるため、セルフチェックが可能です。
代表的な特徴として、細い髪の毛が増え髪にハリがなくなった、ストレスが多い、猫背、野菜を食べていない、喫煙している、慢性的な睡眠不足、洗浄力の強いシャンプーを使用している、リンスを髪全体につけている、フケが多い、かゆいの10項目があります。

髪質が変化し、細い髪の毛になるということは、毛穴がふさがっていたり、脂が詰まっている可能性があります。
また、髪のハリがなくなっている場合には、栄養が髪まで行き届いてないことが考えられます。
その原因には、ストレスや喫煙、食生活、猫背、睡眠不足などが関係しています。
ストレスが多いと身体が防衛反応として血管を細くします。
頭皮は細い血管が多いため、血管が細くなると血液循環が悪化しやすく、頭皮まで栄養が行き届かなくなります。
猫背の姿勢は、首に大きな負担がかかるため、血の巡りが悪くなり、ストレスの時と同じように頭まで血が行き届きにくくなります。
タバコに含まれるニコチンの影響で血管が収縮したり、睡眠不足により血液循環が悪くなることでも同じように頭皮まで栄養が行き届きにくくなります。
一つ一つは、小さいことでも要因が重なることで、AGAを発症しやすい状態になります。

このうち5個以上当てはまる場合には、AGAになっている、もしくは、AGAに限りなく近い症状や因子があるため、すぐに対処が必要となります。
3個や4個の場合でも予備軍となるため、生活習慣の見直しが必要になります。
6個から7個以上の場合は、早急な対策が必要となります。
AGAは進行するほど、治療時間が必要となるため、早めに対策を行う必要があります。